今の収入では生活が厳しいといった場合や欲しい物があって収入を増やしたいという場合、副業という言葉が頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)をよぎることもあるでしょう。 副業することによって今よりも収入を増やす事が出来る為に、お金が足りないという場合には良いと思います。 しかし、副業(国家公務員や地方公務員が行うのは、原則として禁止されています)をしたいからといって、誰にでも出来る訳ではありません。 なぜなら、会社の中には副業を禁止しているところがあるからです。 副業(最近では、ネットオークションなどでかなりの利益を上げる人も増えているみたいですね)を禁止している会社で働いている場合、もし、副業しているのがバレてしまうと、クビになってしまう可能性があります。 そのために、副業を禁止している会社で副業(副業をしていることがわかっても、黙認している人事担当者が多いそうです)をする場合は、大きなリスクがあるといったのを忘れてはいけないのです。 では、どうして副業(国家公務員や地方公務員が行うのは、原則として禁止されています)を禁止している企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)があるんでしょうか? それは会社によって考え方が異なりますが、一般的に多いのは副業を行う事で本業が疎かになってしまう可能性があるためです。 副業である程度の収入を得てしまうと、手を抜いても一定の収入が得られる本業に力が入らなくなってしまったことも少なくありません。 それを防ぐために、副業を禁止しているところが多いのですー